科学の実験・工作をお届けする「科学の宅配便」。2022年6月10日(金)に、尚志緑ケ丘幼稚園で開催しました。

 

 今回お届けした実験・工作は「ぐにゅっとスライム」です。参加者は年長さん65名と先生方合わせて72名です。はじめに元気なあいさつを交わしました。園長先生から「子どもたちを驚かしてほしい」というお話があり、コケコッココップを使ってニワトリの鳴き声を演出しました。本物そっくりの鳴き声に大喜びしてくれました。

 いよいよ工作開始です。プラコップにポリ袋を入れて口のところで折り返します。難しい作業ですが、説明を理解しほとんどのお友達ができました。次は自分が選んだ色水(青、赤、黄、桃、緑色)を先生のところにもらいに行きます。お口を閉じて自分の順番が来るのを待ち、色水をもらうことができました。次に20mlの洗濯のりをポリ袋に流し入れます。色水と洗濯のりを手でモミモミしながらよく混ぜます。ポリ袋から飛び出さないよう口をしっかり握りしめている姿は真剣でした。

 

 全体に色水が混ざったところに魔法の水(ホウ砂溶液5ml)を入れます。再度ポリ袋の口を片手でしっかり押さえて、もう片方の手でまんべんなくもみます。もんでいるうちに徐々にスライムが固まりはじめます。「固まってきた。」という声があちらこちらから聞こえてきます。

 スライムができたところで、ポリ袋の口をねじり、モ-ルを巻きつけ、口を閉じ完成です。色とりどりのスライムの手触りを楽しみながらみんなに喜んでもらえました。

 最後に遊び方や取り扱い方、捨て方など安全に遊ぶための説明を行い終了しました。

 今日から一泊二日のお泊り保育と聞きました。65名の皆さん、意欲的に参加いただきありがとうございました。先生方大変お世話になりました。