郡山市ふれあい科学館では、今年度初回(通算144回目)となる駅前観望会を、2018年4月21日(土)に実施しました。

 

img01.jpg

 朝から良い天候に恵まれ、観測に適した日になりました。今回は2種類の望遠鏡を設置し、月とこの時間帯に見える天体へ向けて多くの皆様に観察していただきました。

 観望会の前半は、建物の間に見えた金星の観察を行いました。非常に明るい星なので、多くの方は強い光に驚いている様子でした。開始後30分程で金星は西に沈んで見えなくなりました。もう一台の望遠鏡では終始月を観察し、月のクレーターや模様を確認していただきました。

img02.jpg

 観望会の後半では、金星の代わりにしし座のレグルスやこいぬ座のプロキオンへ望遠鏡を向けて星の色や明るさを観察していただきました。今回は、望遠鏡を通して天体を眺めたことがない参加者の方が多かったので、感動される様子や時間を置いて再度観察される様子が見受けられました。

 暖かい日が続くようになり、日没後の観望会は快適になってきました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 今年度も、冬季を除く月1回の観望会を開催します。

 ★次回の駅前観望会 2018年5月19日(土) 19:00~20:00