【募集】第32回 星の講演会「ハビタブルプラネット 〜生命を宿す惑星の条件〜」

 天文学の先生をお招きして最新の宇宙の話題をご講演いただく「星の講演会」。32回目となる今回は、東京大学で地球や太陽系内外の天体について研究している田近英一先生から、近頃期待が高まっている地球外生命についてご講演いただきます。
 地球はなぜ生命を育むことができたのか、この宇宙に生命を宿す星はあるのか、わかりやすく紹介していただきます。

日時 2017年11月18日(土)
16:00〜17:30
場所 郡山市ふれあい科学館 23階 宇宙劇場
講師 田近 英一さん (東京大学 教授)
定員 先着220名
料金 無料
申込 ●受付開始日時
 2017年10月7日(土)10:00受付開始
●申込方法
 1.電話(024-936-0201)で申込
 2.科学館22階受付で直接申込
 ※内容は小学3年生以上を対象としております。
 ※受付時間 10:00〜17:00 (休館日を除く。)
 ※1回の申込は10名までとなります。

※当日の宇宙劇場 第4〜5回の投映は休止となります。

講師プロフィール

田近 英一 (たぢか えいいち)

 東京大学大学院新領域創成科学研究科複雑理工学専攻・教授。

 専門は地球惑星システム科学、比較惑星環境進化学、アストロバイオロジー。地球や惑星の表層環境の進化や変動、安定性などに関する幅広い研究を行っている。

 著書に『凍った地球―スノーボールアースと生命進化の物語―』(新潮社)、『大気の進化46億年 O2とCO2―酸素と二酸化炭素の不思議な関係―』(技術評論社)、『アストロバイオロジー―宇宙における生命の起源と進化―』(化学同人、分担執筆)、『地球・生命の大進化 46億年の物語』(新星出版社、監修)等がある。