トップページ 番組・催し案内夏休みドーム映像番組

【宇宙劇場】春のドーム映像番組

 春のドーム映像番組は、話題の作品がスペースパークで日本初公開!
 「くまのがっこう ジャッキーのおほしさま」「planetarian 〜ちいさなほしのゆめ〜 プラネタリウム特別版」をお楽しみください。

くまのがっこう ジャッキーのおほしさま

(C)BANDAI

 

投映日時

2017年3月4日(土)〜4月5日(水)

 平日(3/7〜23):11:30〜

 土曜・日曜・祝日・春休み期間(3/24〜4/5):10:30〜

 (約45分番組)

 ※詳しくは「投映スケジュール」をご覧ください。

 

番組内容

 くまのがっこうのくまのこたちは、ぜんぶで12ひき。みんななかよく、くらしています。

 ある日、おにいちゃんたちとジャッキーはおほしさまを見るために、森へやってきました。

 物知りのアントンおにいちゃんが、おほしさまのお話をしてくれるそうです。

 おほしさまについてたくさん知ることができたジャッキー。 おにいちゃんたちとお家にかえると・・・あらら大変!!

 ジャッキーのたからものの”おほしさまのペンダント”がなくなっていたのです。

 ジャッキーはペンダントを探しにひとりで夜の森へ・・・

 ジャッキーは無事ペンダントを見つけられるのでしょうか?

planetarian 〜ちいさなほしのゆめ〜
プラネタリウム特別版

(C)VisualArt's/Key/planetarian project

 

投映日時

2017年3月4日(土)〜4月5日(水)

 平日(3/7〜23):17:00〜

 土曜・日曜・祝日・春休み期間(3/24〜4/5):14:20〜

 (約45分番組)

 ※詳しくは「投映スケジュール」をご覧ください。

 

番組内容

 世界大戦後の危険な封印都市にある忘れ去られたプラネタリウム。そこに迷い込んだ男が出会ったロボットの少女・ほしのゆめみ。1年で7日間しか稼働できないロボットの少女が、目覚めたまさにその日に訪れた偶然。そこで起こった奇跡とは――。

 星に導かれた奇跡の物語。プラネタリウム特別版が遂に登場!

大迫力のドーム映像番組!

 スペースパークの宇宙劇場には、ドームスクリーンいっぱいにフルハイビジョンの約8倍の解像度を持つ映像を映し出すことができる全天ビデオシステムが備わっています。

 まるで、その場にいるような臨場感をお楽しみいただけます。

春のドーム映像番組 観覧状況

3月4日(土) 「くまのがっこう」残り約30席、「planetarian」残り約90席

3月5日(日) 「くまのがっこう」残り約70席、「planetarian」残り約70席

3月11日(土)「くまのがっこう」残り約100席、「planetarian」残り約110席

3月12日(日)「くまのがっこう」残り約30席、「planetarian」残り約80席

3月18日(土)「くまのがっこう」残り約130席、「planetarian」残り約110席

3月19日(日)「くまのがっこう」残り約90席、「planetarian」残り約50席

3月20日(月祝)「くまのがっこう」残り約90席、「planetarian」残り約110席

3月25日(土)「くまのがっこう」残り約150席、「planetarian」残り約120席

3月26日(日)「くまのがっこう」残り約80席、「planetarian」残り約120席

平日は、大きな混雑はございません。

※休日は混雑が予想されますので、当日はお早めにお越しいただき、観覧券をお買い求めください。