トップページ 番組・催し案内秋のドーム映像番組

【宇宙劇場】秋のドーム映像番組「planetarian 〜ちいさなほしのゆめ〜 プラネタリウム特別版」

 2017年春にスペースパークで日本初公開し大好評だった「planetarian 〜ちいさなほしのゆめ〜 プラネタリウム特別版」のアンコール投映を行います。
 今回は単なる再投映ではなく、作品中の星空解説シーンを秋バージョンに一部内容を変更するとともに、光学式プラネタリウムの星空も交えた内容にリニューアル!どうぞご期待ください。

投映日時

2017年11月1日(水)〜30日(木)

 平日:17:00〜

 土曜・日曜・祝日:18:20〜

 (約45分番組)

 ※詳しくは「投映スケジュール」をご覧ください。

 

番組内容

 世界大戦後の危険な封印都市にある忘れ去られたプラネタリウム。そこに迷い込んだ男が出会ったロボットの少女・ほしのゆめみ。1年で7日間しか稼働できないロボットの少女が、目覚めたまさにその日に訪れた偶然。そこで起こった奇跡とは――。

 星に導かれた奇跡の物語。プラネタリウム特別版!

 

リニューアルポイント

ポイント1:秋の星空解説バージョン 初公開

 作品中の星空解説のシーンを、季節にあわせて秋の星空解説に変更します。

ポイント2:planetarian × スーパーヘリオス

 星空解説のシーンを、スペースパークの光学式プラネタリウム・スーパーヘリオスの美しい星空で再現します。

 吸い込まれるような星空の美しさで、作品のシーンがより臨場感をもってご覧いただけます。

©VisualArt's/Key/planetarian project

 

※作品本編37分バージョンで投映いたします。

大迫力のドーム映像番組!

 スペースパークの宇宙劇場には、ドームスクリーンいっぱいにフルハイビジョンの約8倍の解像度を持つ映像を映し出すことができる全天ビデオシステムが備わっています。まるで、その場にいるような臨場感をお楽しみいただけます。